上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
chappieは両胸にしこりがあります。

数年前のある時、お風呂で身体を洗っているときに気が付いたんです。

左の脇に一つ、右の乳頭上辺りに一つ。
触ると1.5~2.0cmくらいのぽっこりした感触がありました。
気になっていた矢先、テレビで『乳癌』の症状について知りました。


ヤバい。当てはまってるっぽいよ。どうしよ。すごい心配・・・


胸がドキドキしました。


直ぐにマンモグラフィーをうけ、幸い腫瘍ではあるものの「乳腺症」であることが判明し、今は定期的に様子を見ている状態です。
→「乳腺症」とは・・・

乳癌は転移のスピードが速いので、初期の段階で直ぐに処置しないと大変なことになります。
『処置』って簡単に書くけど・・・『処置』とは、ものすごく勇気の要る決断です。


『処置』とは、”胸を切除する”ということです。


昔、chappieは某有名ホテルのインポートランジェリーショップで働いていました。
そこではランジェリーだけでなく、乳癌で胸を切除された方のためのシリコンパッドも売っていました。
なかなか専門的な商品だったので疑問に思っていたのですが、話を聞いてみると副社長が乳癌に冒され、胸を切除されていると聞かされました。

そのお話を聞いた後、副社長に同行して出張へ行った際にその手術跡を見せていただいたことがあります。


壮絶な傷跡。


よく漫画でヤクザさんのホッペに傷があるでしょ?
あの傷が幅3cm、長さ25cm位の大きさで胸をえぐり取っていました。
もちろん、乳首もありません。胸のふくらみは無く、えぐられています。
あまりの傷跡の痛々しさに長時間は直視できませんでした。

副社長はその傷跡を見せながら壮絶なガンとの闘いの日々を語ってくれました。
そんな副社長も2年前、ガンの進行を止められず、お亡くなりになりました。


自分のしこりを確認しながら、副社長のえぐられた胸を思い出しました。
まさか自分にそんな災難が降りかかる可能性があろうとは、そのときは思ってもみませんでした。
でも『ガン』って、ダレにでも起こりうる病気なんだと、自分でしこりを確認した時に痛感しました。

現代女性の社会進出とともに病気のリスクも高くなってきています。
環境ホルモンや食生活の影響も否めません。
でも、”今すぐ生活を変えろ”っていわれても、そう簡単にできるものでもありません。
ストレスの無い生活を送れといわれても、日々の仕事や家事の中で、ストレスをなくすという努力自体がストレスになってしまう事だってあるでしょう。

だから、せめてガンに冒されていない『安心』を手にしてください。
もしガンが見つかったら「早めに見つかってよかった」と安心してください。


『ガン』は、ある時突然、気が付くものです。
そして、気が付いた時にはもう手遅れであることも多く・・・
それは若ければ若いほどガン細胞が身体を冒すスピードも速く・・・

そうなる前に。
このブログを見てくださってる方々。是非、ガン検診に行ってください。
男女問わずです。よく30代になったら・・・っていわれていますが、20代でもいや、10代の方でも是非、検診に行ってください。


風邪などと違って初期のガンは自覚症状が無いものが多いです。
元気なのに、私、ガンなんだよね、って事、本当にありうる事なんです!!


忙しいなんていわないで。
どんなことがあっても、身体が資本です。



自分の身体の管理を怠ったせいで、もしガンが進行してしまったら・・・
真っ先に悲しむのは、アナタの大切な人たちです。
本当に悲しいから・・・


少々ナーバスなブログになってしまいました・・・(汗)
でも大事なことだから、伝えたかった。chappieらしからぬちょっぴりマジメなブログ(笑)


ランキング参加中★ぽちっとな♪
ぽちっとな♪ブログ村ランキング★
スポンサーサイト

テーマ : ガン治療 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。