上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本人のランジェリーに関する意識は、ここ数年徐々に変化してきているとはいえ、未だ「恥ずかしいもの・隠すべきもの」という意識が多いです。

そう言うと
「最近の若い娘は"見せブラ"とか、ランジェリーをファッションの一部として捉えてる娘が増えてきたよね。」と確実に言われます。
そうです。そうなんです。最近は日本のランジェリーもファッション化してきてる。

見えないからといってダサい下着をつけているよりはそのほうがはるかにいいだろう。でも、chappieが目指すランジェリーとの付き合い方はそうではない。

あなたは女性の何処にセクシーさを見る?

chappieはね~、その人の人生にセクシーを感じます。男性でもそう。
ピチピチの若い子より、成熟して少し渋みや深みがある人間にセクシーを感じます。
深い生き方をしている人はそれが顔や雰囲気ににじみ出るよね。


女体もそうだと思うんです。
あ、sex経験が豊富な方が・・・という意味ではないよ(汗)まぁそれも見方を変えれば一理あるけどね・・・
ピッチピチのパァーン!とハリのある胸より、少し垂れ気味で熟成した胸の方が、インポートランジェリーにはとても良く似合う気がするのです。

body


モチロン、熟成した女体に似合う相応の素材・デザイン・機能性のクオリティー。 そうなると、
「ステキなランジェリーに似合う身体じゃないから・・・」 と思う人は結構多い。

体型を気にする女子が多いけれど、chappieから言わせればそれがその人に似合った体型なら太っていようが胸が無かろうがステキだし綺麗だと思うんです。
そして、その人のその体型にしか似合わない、運命的なランジェリーがあるんです。
サイズ・機能性云々じゃなくて 、似合うランジェリー・似合わないランジェリーがあるんですよ~


ちなみにchappieはダイエットをしているけれど、それは今のボディラインが自分のベスト体型ではないと思っているからです。

ファッションには、その人の生き様が表れるとおもうなぁ~。ランジェリーは特にね。

ものすごく地味な服装の全く胸のない女性の学者さん。地味だけれど仕立ての良いシャツをいつも着ている。そして選ぶランジェリーもいつもシンプル。でもとても生地とパターンの良いブラを選びます。
胸を大きく見せようとして分厚いパット入りのブラなんか選んだらその仕立ての良いシャツはラインが崩れて台無しになってしまうだろう。必要以上にレースの付いたブラなんて選んだらシャツの色の爽やかさがレースの凹凸に消されてしまうだろう。
ちゃんと計算しているんですね。自分のスタイル(生き方)にあったアイテムを品良く選んでいる。


毎日着物を着ている女性。
昔の女性はパンツなんて穿かなかった。だからヒップラインはごく自然だった。
普通のパンツではお尻のパンツのラインが着物から丸見えになる。
ガードルではお尻が上がりすぎて日本人のお尻の形ではなくなってしまう。
ではどうしたか。その人は毎日Tバックを穿いています。
日本人独特の下ぶくれ・四角めのお尻の形状を残しつつ、着物を清潔に保つ為に。
彼女はいつも着物に似合う、繊細で華奢なリバーレースのTバック。
凛としたたたずまいに真に美しいと思える女性でした。



どちらもカッコイイよね★
ランジェリーはファッションの一部。けれど見せればいいってモンじゃない。
わざわざ見せないで、いかに愉しむか。
そして洋服を脱ぎランジェリー一枚になった時、いかに人と成りが垣間見られるようセクシーな女体でいられるか。

脱いだらガッカリ・・・じゃ、ねぇ・・・。
あ、コレ男性も然り!ですよ★


ランキング参加中★ぽちっとな♪
ぽちっとな♪ブログ村ランキング★
スポンサーサイト

テーマ : インナー・ランジェリー - ジャンル : ファッション・ブランド

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。